ページ読み込み中
課題

格安パッケージのプランニング ホテルの経営者です。閑散期には期間限定の格安パッケージプランを実施しているのですが、年の半分ほどは利用可能なプランのためマンネリ化し、あまり集客できていません。イベントを実施したいと思っても、人手が不足しており難しい状態です。
期間限定プランに新鮮味を加えるために、着目するべきポイントはありますか?
ホテル経営者


根本的な話になりますが、新鮮味が本当に必要なのか?というところを考えてみたいと思います。

なぜかというと、ホテルという形態では、一人当たりの利用回数は比較的少ないと思われるからです。
稼働率を上げるためには、リピートを増やすよりも、より多くの人に利用してもらうことのほうが重要ではないでしょうか。

リピーターであればキャンペーンの有無や内容に関わらず来るでしょうから、キャンペーンの実施目的は新規の客をとることが主になりますよね。
ですので、キャンペーンの内容を見て「あ、去年と同じだな」とか、「この内容はよくあるな」をいう感想をもち、ホテルに来なくなるということは考えにくいと思われます。
消費財のようなビジネスモデルでは新鮮味を持たせることが必要ですが、ホテルにも必要なのかは疑問が残るところです。

ただ、プランを実施する以上、集客力のある魅力的な内容であることは重要ですよね。
集客の際に重要なことは、これまで縁がなかった客層に来てもらうという目的が果たせるようにプランを考えることです。
ターゲットに閑散期のホテルをどのように利用してほしいのかを考え、それをプランとして提供してはいかがでしょうか。

業種やそれぞれの施設の特性によるので、一般論にはしにくいのですが、ホテル自体だけではなく、その立地や環境資源を生かす方向性で考えてみることをおすすめします。
海が近い、山が近い、競技場が近い、など、環境要因でホテルの使われ方も変わるので、周辺地域を含めた使われ方をパッケージにして提示することが大切です。

例えば、比較的安いホテルでは1週間の子どもの部活の合宿プラン、高級感のあるホテルならば少し上質な体験ができるプラン、などが挙げられます。 また、環境を考慮に入れれば、季節ごとに楽しめることも変わってきますよね。
春先の楽しみ方、秋口の楽しみ方、などと楽しみ方を季節で分けて提案することで、価格だけに依存しないパッケージプランになると思います。

ホテル自体の特徴と周辺の環境資源を生かし、過ごし方が想像できるパッケージプランを提案されてはいかがでしょうか。