ページ読み込み中
課題

ブランドパーソナリティについて ブランド価値とターゲットは定義しているのですが、ブランド内の商品のテイストが幅広く感じられ、もう少し社内でのブランドの共通認識を高めたいと考えております。やるべき事のアドバイスを下さい。 アパレルメーカー


共通認識を高める為の施策としては、ブランドの定義をより明確にするか、またそれができているのであれば社内へ浸透度を高めるかの2点になると思います。

今回は、ブランド価値とターゲットが定義できており、その上で商品のテイストを定めたいとのことなので、もう少しブランドの定義をしっかりと行っていく方が良さそうですね。

そこで、考えたいことは「ブランドパーソナリティ」です。

ブランドバーソナリティとは

パーソナリティなので、ブランドを人に例えたときの性格や特徴を示すものなのですが、これはターゲットにとって自分たちのブランドがどんな存在でいたいのか、という宣言でもあります。

決める際には、「華やかな」「頼もしい」などの性格や特徴を表す形容詞や、何色かなどの観点で議論が始まり、最終的にはこの先ターゲットとどんな関係性でいたいかといったことを考えながら明確にしていきます。

このブランドパーソナリティは、「トンマナ」と呼ばれるブランドの世界観や雰囲気にとても関わりが強く、ブランドの定義においてとても重要な部分です。また、模倣することが難しく、持続的な差別化を実現できます。

なぜ重要なの?

ブランドは、顧客にとって自分自身を表現するひとつの手段になります。ブランドパーソナリティがハッキリしていれば、より鮮明に自分自身を表現することができ、時にはブランド自体が顧客にとって表現したいパーソナリティになることもあります。

その為、ハッキリと定義をし、コミュニケーション活動を含む全てのマーケティング活動を行う上で常に、自分たちの定義に合っているかどうかを確認しながらビジネスをすすめていくことで上記のような強いブランドになっていくでしょう。

逆に、ハッキリと決め切れていない場合や、決めていてもそれに沿っていないと、同じブランドの中でも色んなテイストの商品や広告物が生まれてしまい、時と場合によって違うと、顧客は「このブランドは好きな時とそうでない時がある」と思い、ブランド力、訴求力が弱ってしまう恐れが有ります。

上記のように、ブランドは定義するだけでなく、実行していくことではじめてブランド力アップにつながっていきます。ブランドの価値とターゲットがはっきりしてきたなら、是非ブランドパーソナリティを考えて、共通認識を持ち、ブランド力アップを目指していきましょう。