ページ読み込み中

大手上場企業様


依頼の背景

ニーズベースの消費者セグメンテーションを導入することにより、ブランドポートフォリオを整備し、効率的な商品開発を行いたい

クライアントの課題

消費者ベースではなく、商品機能ベースで商品開発が行われているので、消費者ベースの知見を商品開発に導入したい。
さまざまなシチュエーションで利用される商材であるため、消費者ニーズが多様であり、セグメンテーションの設計が難しい。

ホジョセンの支援内容

デプスインタビュー、定量調査、訪問調査を組み合わせることにより、市場全体のセグメントを統計的およびインサイト面で深い理解を提供した。
1人1セグメントに属する従来のセグメンテーションモデルを見直し、マーケットの状況を反映した、1人が複数のセグメントに属するセグメンテーションモデルを構築した。
社内インタビュー、ワークショップ等を通じて、セグメンテーションに現場の個別知を反映させた。

その後

継続発注いただいており、別カテゴリや別の国へと水平展開しています。