ページ読み込み中
課題

説得力のある報告書の書き方 コンサルティング営業をしていますが、報告書・提案書をまとめるのが苦手です。自信を持って作る方法を教えてください コンサルティング営業


レポートの肝は、ロジカルライティングとストーリーの説得力です。

ロジカルライティングに関しては、まず骨組みを作り、報告ストーリーを決めましょう。その上で、肉付けすべきものを足していけば良いかと思います。レポートの骨組みを構成するものは、背景目的、結論、結論を導く根拠、の3つです。この段階でやるべきことは、①ストーリーがつながっているか(目的・結論・根拠が対応しているか)②ストーリーに論理的に弱い部分がないか③結論を支える客観的な根拠があるかどうか、の3点をチェックすることです。

ですので、結論・根拠は一旦ごくシンプルに、一文でまとめる・箇条書き等の簡潔な表現で構わないので文字に起こして整理していくのがいいかと思います。援用できる報告フォーマットがすでにある場合でも、このストーリー作りは端折らずに、是非取り組んでください。なぜなら、フォーマットで説得の順番は格好がつきますが、説得の質が担保されるわけではないからです。

チェックの一つめは、目的と結論が正しく一致しているか、だけです。色々言いたいと欲張って書いて結論がボケてしまっていることはよく見られるので、注意が必要です。チェックの二つめと三つめは、説得力も関わる点です。具体的に言えば、結論の必要要件と、それを満たしたという事実・論拠を紐づけて説明すれば良いですね。

ここで結論を与える要件が多角的に挙げられているほど、報告の説得力は増してきます。マーケティングでも事業戦略でも商品開発でも、おそらくほとんどの場合、リサーチやテストの設計段階で仮説があるかと思います。本来その時点から意識できているのが望ましいでしょう。

ロジックをしっかりと用意し考え抜いたストーリーならば、是非自信を持って語ってください。