ページ読み込み中

観光とマーケティング


ある土地に縁もゆかりもない人がその土地に足を運ぶって、よく考えてみるとすごいことですよね。

遠い土地まで訪れるというのは、かなりの行動力を必要とします。それが海外旅行であればさらに、です。遠くなれば遠くなるほど期待値も上がるでしょうし、じっくり悩むことでしょう。伝統的な企業で、「いいものを作っていれば自然と売れていく」という考えを貫いている企業さんもありますが、こと観光にいたってはやはりそこに人為的な介入がないと難しいように思います。

その土地に来てもらうためには、その土地の観光資源・文化資源の中から「ウリ」になる資源を見つけ出し、育て上げ、適切なターゲットに最適なコミュニケーションをする必要があるわけで、まさにマーケティング・ブランディングの腕の見せ所。そして地域ブランドにせよ、食にせよ、ゆるキャラにせよ、それらは観光へと文脈上繋がっていなければならない、という非常に大掛かりなブランディングになってきます。これぞまさにマーケティングの世界。のはずなんですけど、構造的な問題も多々はらんでおり意外とマーケティングという概念が希薄な世界でもあるようです。

一つひとつの地域資源をバラバラに考えるのではなく、全体としてそのエリアを売り込んでいくのか、観光マーケティングは非常に面白く奥が深いと実感した 1 日でした。通助でまとめてみたいです。